いつも自然体でいられる心理的安全性

心理的安全性とは

「心理的安全性」というチームの生産性を高める上で非常に重要な概念があります

心理的安全性とは「他者の反応に怯えたり羞恥心を感じることなく、自然体の自分を曝け出すことのできる環境や雰囲気のこと」を指します。心理的安全性が高い状況では、職場において普段の自分とは大きく異なる「仕事用の人格」を作り上げることなく、チームメンバーが自然体のまま仕事をすることができます。

Googleが2012年から4年の歳月をかけて実施した労働改革プロジェクト「プロジェクトアリストテレス」の成果を基に、「心理的安全性は成功するチームの構築に最も重要なものである」と発表したことによって注目を集めました。

心理的安全性を高めることによって得られるメリットについては、科学的根拠に基づいた多数の記事がありますのでそちらをご参照いただくこととして、ここでは私見を述べてみたいと思います。

心理的安全性において大切なこと

心理的安全性を高める「やり方」はいくらでもあります。「チームのメンバーにサポートし合うことが大事であると理解してもらう」「フェアな関係を作る」「風通しのいい組織にする」「ダイバーシティを推進する」。科学的な調査に基づく理論に則って心理的安全性を高める方法論を実践してゆけば、それなりに生産性の高いチームが構築されることと思います。

ですが、こういった方法論ばかりを実践してもそのチームを構成するメンバーの根本的な人間観が変わらなければ、本当の意味で働きやすいチーム、生産性の高いチーム、自分の能力を最大限発揮できるチームというのはできないと思うのです。

心理的安全性を低下させる4つの要素

下記は心理的安全性を低下させる4つの要素と言われています。

・Ignorant(無知だと思われる不安)

・Incompetent(無能だと思われる不安)

・Intrusive(邪魔をしていると思われる不安)

・Negative(ネガティブだと思われる不安)

「こういった不安をなくして、チームの生産性を高めましょう」とチームのメンバーに伝えたとしましょう。

チームのメンバーはその指示に基づき、他の誰かが「こんなことも知らないのかよ!」と思えるような質問をした時もそれを言葉や表情には出さないような努力をします。

「この人、本当に無能だな」と思っても、頭に浮かんだ思考をそのまま言葉に出すことはありません。方法論を実践しているのです。

心理的安全性に影響する思考パターン

ところが、こういった方法論を実践してもその人の人間観が根本から変わっていなければ、思考のレベルではやはり「こんなことも知らないのかよ!」とか「この人無能だな」とか、「とにかく他人はどうでもよろしい、自分の仕事だけやればいいや」といった考えが浮かんでまいります。

頭に浮かんでくることと、チームメンバーとして求められる振る舞い方の間に齟齬がありますから結局はその人の居心地は悪くなることでしょう。その上、たとえ言葉に出さなくとも繰り返し頭に浮かんでくることというのは大抵他人に伝わってしまいます。

各人の頭に浮かんでくる思考というのは自分の意思とは関係なくこれまで考えてきたことの因果律に基づき自動的に生まれてきますから、心理的安全性を即座に急上昇させる方法論(つまり、自分がこれまで作り上げてきた思考パターンを一瞬にして変容させる方法)は存在しないと思うのです。

(上述の人も、無知な人間がした質問を聞いてから「こんなことも知らないのかよ!」という思考が生まれるまでの間に、「こんなことも知らないのかよ!という思考を生み出すか、生み出さないか」という点において自分の意思を働かせる余地はなかったはずです)

誰をバスに乗せるか?

このように考えると、心理的安全性の高いチームを作る活動において最も重要なのは「誰をバスに乗せるか?」だと思われるのです。

あまりにも攻撃的だったり、他人の無知を嘲笑したり(たとえ言葉に出さず心で思ってるだけだとしても)、考え方の違いを認めようとしない傾向の強い人とはたとえどれだけ優秀であっても一緒に働かない。

チーム全体の生産性を下げてでもそれをカバーできるほど優秀な個人であれば話は違うという方もいらっしゃるかもしれませんが、仕事の属人化と1人の人間に頼ることのリスクを考えた時、やはり私は心理的安全性の高い人間で構成されるチームが強いと思うのです。

「誰をバスに乗せるか?」を検討する時、重要なのはその人が持っているスキルや知識ではありません。

もちろん、ポジションによって基準となるスキル・知識・経験のラインはあります。ですが、同じチームのメンバーとして活動する人を採用するかどうかはそもそもそのラインを越えた人を対象に考えます。

スキル・知識・経験で採用するかどうかはある意味システマチックに、数学的におのずと導き出せるものですからそれ程時間をかけることではありません(〇〇の経験が何年以上、××の資格保有者、こういう分野のこんな知識、など)。

重要なのは、その人のパーソナリティです。何か問題が起きた時に他人に責任を転嫁しようとする人なのか、あるいは誰が悪いなどとは言わず問題そのものをいかに解決するかに注力する人なのか。チームメンバーの前では良く振る舞ってチームメンバーがいないところではその人の悪口を言うような人なのか、あるいはいつも変わらぬ態度で堂々としている人なのか。ミスがあった時に隠そうとする人なのか、あるいは正直に伝えて間違いを認める人なのか。

思考・言葉・行動が世界に及ぼす影響

人が織りなす縁起(その人が生み出した思考、発した言葉、とった行動が生み出す結果)は多かれ少なかれ必ず何らかの形で世界に影響を及ぼします。周囲の人はその影響を強く受けます。

誰とどれだけの時間を過ごすかで自分の人生が形作られていくということは、科学的な調査研究を待たずして誰もが経験から知っていることです。多くの時間を共に過ごす仕事のメンバーから受けている影響は、多くの人が思考のレベルで考えているよりも強烈です。

耳で聞いたり目で見えたりする行動以前に、ある人が放つ雰囲気やオーラといった周波数にも影響を受けています(量子力学的に見れば我々は実体のないエネルギー的存在であるという話はまた別のところでしましょう)。

同じ時間を過ごす人から受ける影響によって人生がまるっきり変わってしまうということを知ったら、誰と一緒にいるかはとても大事な問題に思えてきます。これについても、また別の記事を一本立てて詳しく見ていくこととしましょう。