「あちこち旅をしてまわっても、 自分から逃げることはできない」ヘミングウェイの言葉

人生で落ち込んだ時、ヘミングウェイの言葉は前向きにさせてくれるかもしれません。誰か一人でもこれを読んで心の持ちようが前向きになるよう、今日も名言記事をお届けします。

あちこち旅をしてまわっても、自分から逃げることはできない

私はここでの「旅」という言葉を、「今直面してることから目をそらすこと」という意味で捉えました。何か問題があったり、嫌なことがあった時に遊びやお酒に走っても問題は解決されません。

あるいはこう解釈することもできるかもしれません。あれやこれやと楽しいことをすることで、自分自身を見つめることから目をそらしてはならない。なにをやっても、どこに行ってもあなたはあなたでしかないのだから、と。

あなたはどう解釈しますか?

心の底からやりたいと思わないなら、やめておけ。

私が偉人と呼ばれる人間たちの言葉を集めてて感じるのは、偉人と呼ばれる人間たちの多くがこのようなことを言ってることです。

考えてみると、私の周囲の人間でも活き活きとして人生を楽しみ、大きく活躍している人間は皆やりたいと思っていることをやっています。

逆に、人生をあまり楽しんでいるようには見えない人、人生を大変でつまらないものだと感じているように見える人は、なにかを「やらされている」という感覚で生きているように見えます。「生活のために」仕事をしなければならない、「家族のために」なにかをしなければならない、「夫のために」食事を準備しなければならない、、、

あなたは前者と後者、どちらに近いですか?

善とは何か。後味の良いことだ。悪とは何か。後味の悪いことだ。

シンプルでわかりやすい定義です。私にはしっくりきました。

今はないものについて考えるときではない。今あるもので何ができるかを考えるときである。

お金がなくても、創造力があります。経験がなくても、好奇心があります。スキルがなくても、情熱があります。時間がなくても、工夫があります。

以前なにかで「集中するものは拡大する」という法則を聞きました。「集中する」というのは「意識を向ける」と言い換えていいでしょう。例えばサッカーの練習に多くの時間をかけている人はその分サッカーの実力が向上します。文章を書く練習を沢山している人はその分上達します。

逆に「お金がない」ということに意識を向け続けている人はどんどんお金がなくなっていく。「自分には何かを生み出す力がある」ということに意識を向け続けている人はその力が拡大していき、多くのものを生み出していく。

無いものにばかり意識を向けていると、それはどんどん無くなっていくようです。逆にあるものに意識を向けていると、それはどんどん増えていく。

あなたにあって、拡大させていきたいものはなんですか?

「これをやりに俺は生まれてきた」と思えることだけを考えていればよい。

そう思えることに出会うには、「ひたすら行動」しかないように思えます。実際にやってみないとそれを本当にやりたいかどうかなどわかるはずもありません。